HOME > 活動紹介 > ブログ > あべの日記

ブログ

 介護保険改定で、在宅とリハビリに大きくシフトしたことは、リハなどの人材不足の地方にとって打撃だとされています。在宅介護というときに、家族がいない場合のケアをどのように考えるのか、など議論がされました。
 地域区分に関しては、人材確保の難しい地域は高めに設定されています。しかしながら、地域区分は根拠がないという問題があります。地方の高齢者のニーズが汲み取られるかが重要です。


 アラビア半島のオマーンで幼稚園から高校までの私立学校を経営するスワーダさんが自民党のウィメンズフォーラムでお話しくださいました。スワーダさんは元日本人でオマーンでは大変有名な学校経営者、教育者です。
 教員のゆとりが重要であり、子どもと対面することの大切さもわかりました。元気な方でした。


 新春国政報告会は、全部で10箇所くらいで行います。本日2つ行い、半分が終わりました。今年は、会費なしの食事なしで行っています。
 政局が動いてくると、地元の人達もより関心を持ってくださるようになります。質疑応答の時間も設けているので、いろいろとご意見をいただきます。日本のために頑張れ!と鼓舞してくださる場面もあります。
 体力勝負は食事と睡眠が重要です。国会では、先輩方の雑巾がけで雑用を受け、地元では多くの意見を聞き、親の世話もしながら、日本のために頑張ります!


 集団的自衛権行使を容認するにあたって、憲法9条を改正すべきかどうか、という議論が自民党国防部会でなされました。現行の日米安保条約は義務の片務性が指摘されています。地位協定をどうするのかということも考えなければなりません。


 毎週金曜日午後から月曜日夕方まで地元にいます。国会開会中は地元3泊、東京4泊です。
 洗濯は金曜日の朝に行います。洗濯を少しサボると、着るインナーがなくなってきます。東京と地元、さらには地元の移動用の車にも着替えがあるので、3箇所に分散しています。 ゴミ出しは、火曜日はプラスティック、水曜日は燃えるゴミ、金曜日はリサイクルです。不燃物は第1と3の月曜日なので、数ヶ月たまることもあります。お布団を干す時間帯には自宅にいないので、布団乾燥機を使用しています。
 地元では、難病の母が何とか洗濯はしてくれるので、助かっています。地元では朝から夜まで14時間くらい外にいることもあるので、朝食以外はほとんど外食になります。
 両親も忘れっぽくなっているので、地元まわりの途中でスーパーで買い出しをしたりします。先日も父がお風呂のお湯を一晩中出しっ放しで、公共料金が跳ね上がりました。怒っても仕方ないので、黙っていました。
 運動もしないといけないので、東京では週に1回は運動するようにしています。また、できるだけ自分の時間を確保するようにしています。ストレスで自律神経が弱体化すると、すべてに影響するからです。
 女性議員はみんな奥さんが欲しいと言います。私は奥さんはいらないから、自由な時間が欲しいです。


ページの先頭へ