HOME > 政策資料室 > 介護に関するもの

介護に関するもの

平成30年10月31日に実施された「第163回社会保障審議会介護給付費分科会」にて、介護人材の処遇改善が提示されました。
勤続年数10年以上の介護福祉士について、月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを算定根拠に、公費1000億円程度を投じることが報告されました。これには、他の介護職員などの処遇改善にも充てることができるなど、柔軟な運用が認められています。


ファイルイメージ

↑PDFファイルが資料です。クリックしてください。


PDFデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ページの先頭へ