HOME > 活動紹介 > ブログ

ブログ

休暇は当然ですが、ほとんどありません。国会でも地元でも、動き続けています。
でも、移動時間に休息します。夜もできるだけ早く就寝します。
津山での朝は、国分寺の寺の鐘を聴きながら、両親の朝食つくり、高齢者では手の届かないところの掃除をします。
日々の生活の真面目さは、結果として出てくると信じています。結果は出なくても、真面目に過ごしていることができているというだけで、自分はご褒美いただけているとも思います。
ひたすら真面目にまっすぐ歩きます。


飛び立て!留学生

現在,「飛び立て!留学生」の高校生プログラムの募集がなされています。
高校単位で申し込むことになっており,通常の締め切りは1月末です。
高校一年生の締め切りはその後です。詳細はこちらをご覧下さい。
全部で500人募集ですので、高校生にとっては良い機会になるでしょう。
トビタテ!留学JAPAN - その経験が、未来の自信。 - 日本代表プログラム高校生
コースとは?こちら


今朝のTPP特別委員会で,食品安全について質問をしました。



勝山喧嘩だんじり祭りに参加させていただきました!
毎年,皆様のパワーに圧倒されながら,元気をいただいています。
ありがとうございました。


国際機関から人事採用担当者が来日しましたので,面会をさせていただきました。
来日の目的は,日本の大学などにおいて,合同で各組織の業務内容,特に採用制度等を説明することです。

国際機関で働く日本人が増えることで,日本と国際機関が協力し,様々な課題により効果的に取り組むことができます。国際機関における日本人職員数は増加していますが,国連事務局が毎年発表している「望ましい日本人職員数」(2015年度は219人)にはいまだ及ばず,より積極的な人的貢献が求められています。

【面会した機関】
国連事務局(人的資源管理部(OHRM)・国連人道問題調整事務所(OCHA)),国連開発計画(UNDP),国連児童基金(UNICEF),国連人口基金(UNFPA),ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(UN Women),IOM(国際移住機関), CTBTO(包括的核実験禁止条約準備委員会暫定技術事務局)


ページの先頭へ