HOME > 活動紹介 > ブログ

ブログ

 留学時代の恩師がシカゴから来日しました。日系二世です。87歳と89歳、2人で新宿までたどり着きました。心配した娘さんからメイルが入り、教え子総動員でお世話をしています。
 阿部は本日午後、ホテルの部屋まで行き、早くシカゴに帰りたいという恩師のために航空券を手配したり、荷物を整理してあげました。記憶力の低下でしょうか、紙切れを何でもかんでも保存しています。「困ったときは国会議員にお願いするのよ」と、私が国会議員だということは覚えていたようでした。 
 出発の日には、教え子のひとりが成田空港まで送ります。恩師がシカゴ時代の友人達を再び繋いでくださいました。先生、ありがとう!


 「連れ回し」。これは挨拶回りを誰かと行うことです。連れ回してくださる方は真剣にお願いしてくださいます。こちらも真剣です。
 挨拶回り先では皆さん意見があるので、どうしても話し込みます。時間は押せ押せになります。食事もできないこともあり、喉が渇いても歩き、話し続けます。 そういう中では自分が問われます。「こんなに皆さんにご迷惑かけて、自分は政治で何をしようとしているのだろう」。
 歩いて歩いて、歩きつづけます。ひとつひとつ、一歩一歩、自分に問いかけつつ歩きます。






スローライフ列車

120513_102755.jpg津山のスローライフ列車で、阿波の手打ち蕎麦をいただきました。蕎麦好きにはたまらない香り高い、コシのある蕎麦でした。


 明日で53歳になります。溜めていた作業があったので、今朝は6時前から国会事務所入りしました。捨てるのが、一番の整理です。国対で、誕生日ケーキをいただきました。ありがとうございます。
 内閣委員会での「死因究明」の採決を受けて、解剖医の業務関連法案の仕事を引き受けました。そのあとに、個人情報保護法の話をしたら、座長を引き受けることになりました。阿部も歩けば、仕事が増える、ということです。
 今から真庭で集会です。


5月15日 敵は自分

 「自分に負けないようにね。がんばってね」。自民党県連のパーティーでステキなご婦人が、優しく声をかけてくださいました。
 自分の敵は自分です。他人が自分をどう思うかではなく、自分が自分をどう思うかです。 地元では、陳情も含めて対応事項が増えてきました。 「今やらなければ、いつやるか。自分がやらなければ、誰がやる?」。鏡野町でお伺いした元気企業に掲げてありました。


ページの先頭へ